大学生のマネー講座>大学生の貯金と節約術

大学生の貯金と節約術

アルバイトなどをして稼いだお金を「貯める」ということです。貯金するという習慣は大切です。そのためには「貯め方」を知っておく必要があります。ここでは大学生がすぐに実践できる貯金のテクニックと、賢い節約術をまとめていきます。

スポンサーリンク

大学生の時から始めておきたい貯金と節約に関する基本

大学生とお金の使い方」でも説明しましたが、お金に関する習慣というのは、一度できてしまうと中々修正するのは困難です。大学生の時期から正しいお金の使い方、貯め方を覚えましょう。きっとあなたの将来の役に立つはずです。

 

大学生の貯金と節約術では大学生における貯金の考え方や、お金の使い方、貯め方、有利に貯金を増やしていく方法などをできるだけわかりやすくまとめていきます。

 

 

大学生で貯金は必要か?

そもそも、大学生の時から貯金というのは必要なのでしょうか?基本的に多額の貯金を大学生のうちからする必要はありませんが、必要なものを買うための貯金は必要です。
>>大学生で貯金は必要か?

 

 

お金は有限、必要なものと欲しいものの区別を付ける

まず、お金というものは「有限」ということを理解して必要なものと欲しいものとを区別することが大切です。必要なものはもちろん買うべきですが、欲しいものは今本当に買うべきなのかを一度自問するべきです。
>>必要なものと欲しいものを分けて考える

 

 

お金の貯まり方や増え方について理解しよう

お金を貯金するとき、貯金箱ではなく「銀行預金」に預けることで少しずつではありますがお金が増えます。これは預金に対して「利息(利子)」が付くからです。お金の貯まり方や増え方について理解しましょう。
>>お金の貯まり方や増え方について理解しよう

 

 

大学生の貯金におすすめの銀行

貯金をするのにも便利だし、使うときも便利な銀行をチョイスしましょう。貯金を効率的にするためにも有利な銀行を選ぶのが鉄則です。ATMの入出金手数料などもバカになりません。預金金利が高く、手数料の安い銀行を選びましょう。
>>大学生におすすめの銀行

 

 

そもそも大学生の平均貯金額っていくら?

2011年に実施されたいまどき大学の一人暮らし生活実態調査によると、41.3%の大学生がなんらかの貯金をしており、その平均貯金額は394,774円という結果だったそうです。
>>そもそも大学生の平均貯金額っていくら?

 

 

無駄遣いを減らすためのテクニック

無駄遣いを減らすためのポイントとしては、クレジットカードを持たないこと。月2回程度まとまったお金をおろして金銭管理(予算管理)をすることなどが挙げられます。 無駄遣いというものは「癖」になりやすいです。若い時に浪費癖を付けると後から大変です。無駄遣いをしないための心構えを紹介します。
>>無駄遣いを減らすためのテクニック

 

 

貯金するなら最初に貯金して残りを使うようにする

貯金をするなら、まず最初に貯金するお金をあらかじめ引いておいて残りで生活するようにしましょう。可能であれば、通常使用する銀行とは別の銀行口座を作っておき、そちらに預けておけば安心です。
>>貯金するなら最初に貯金して残りを使うようにする

 

 

大学生にもおすすめの銀行口座

 

スポンサーリンク