大学生のマネー講座大学生と株式投資>大学生にお勧めの株の少額取引

大学生にお勧めの株の少額取引

大学生が株を始める上でお勧めの少額取引について説明します。最近は株式投資を始めるために必要な金額も小さくなってきましたが、少額取引ができる単元未満株取引なら数千円単位で株式投資を始められます。

 

少額取引なら、リスクも非常に小さく株を始めることができます。株式投資というと難しいというイメージもあるかもしれませんが、ある程度は習うより慣れろという側面もあります。
最低数百円から投資可能な少額取引なら大学生が株の勉強をするのにも最適です。

スポンサーリンク

大学生が株式投資をするメリット

株式投資でお金と投資の基本を学ぼう」や「株式投資は就職活動にも役立つ」などでも説明した通り、大学生のうちに株式投資などを知ることは大切なことです。

 

・お金に対するリテラシーを磨くことができる
・金融や経済に対する知識を増やすことができる
・企業を知ることで就職活動の企業研究等にも有利

 

大学生が株式投資をするときの注意点

大学生が株式投資をするときの注意点」でもまとめた通り、注意するべきこともあります。それは「ギャンブル」にしないことです。

株式投資は超短期的なトレードで臨めばギャンブルのような投資(投機)が可能です。ただし、そうはするべきではないと思っています。

 

あくまでも投資は一つの経験として初めて見るべきです。もっとも、利益を得ることはなんら悪いことではありませんよ。

 

最低数百~数千円から始められる少額株式投資をやってみよう

株を売買するのに必要となる投資資金。

一昔前と比較するとかなり小さくはなりましたが、今でも普通の株取引の場合、数万円~数10万円の資金が必要になります。

大学生にとってはちょっと高すぎると思うかもしれません。

 

ところが「プチ株」などと呼ばれる単元未満株取引というものを使えば最低、数百円から数千円以下の投資金額でも株式投資をすることができます。

 

具体的に言うと、株を売買するのは単元株といって一定の単位で買うことになっています。たとえば、1000株が1単元の株の場合、株を買う時は1000株単位でしか通常買えないわけです。仮に株価が200円だとすると投資単位は200円×1000株=二十万円となってしまいますよね。

 

プチ株のような単元未満株取引はこれを1株単位で売買できるようにしたものです。上記の株だと200円から売買できるようになります。

 

こうしたサービスを利用すればごく少額からの株式投資も可能です。特に大学生の少ない予算で株式投資を始めるのであればこうしたサービスを活用するのが上策だと思います。

 

大学生におススメの証券会社

証券会社をチョイスするなら間違いなくネット証券です。手数料の安さが違います。最近ではスマートフォンアプリの提供も増えているので、取引もより容易になっています。口座開設や口座の維持などにお金は一切かかりませんので、複数の証券会社に口座を持っておいて使い勝手を試してみるといのも手です。
なお、2016年1月より口座開設には「マイナンバー」が必要になります。

 

SBI証券

ネット証券最大手です。スマートフォンアプリも充実しています。貯金におすすめのネット銀行として紹介した「住信SBIネット銀行」との連動も可能になっています。最低1株から売買できる「S株」というサービスも提供しています。
>>SBI証券公式ホームページはこちら

 

楽天証券
大学生なら口座を持っておきたい証券会社です。理由は「新聞を無料で読む方法」でも紹介した通り、日経テレコンが使えるということです。新聞代わりにもすることができます。スマホアプリで読むこともできるので情報収集用としてお勧め。
>>楽天証券公式ホームページはこちら

 

 

 

初めての株式投資におすすめの証券会社

 

スポンサーリンク